プログラミング

【2021】Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムと評価ポイントを徹底解説

Code Village(コードビレッジ)に通うか迷っているけど、カリキュラムの質って高いのかな?本当に通う価値があるかどうかも知りたいな。

この記事では、こういった疑問に答えます。

結論から言うと、Code Village(コードビレッジ)はかなり良いプログラミングスクールだと思います!

本記事では、その理由を具体的に解説していきます。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

プログラミングスクール選びって、かなり大変ですよね?

僕もプログラミングスクールに通ってましたが、どこのスクールにしようかめちゃくちゃ迷いました。

なので今回は、現役のフリーランスエンジニアである僕が、最近受講生が増えているCode Village(コードビレッジ)について解説していきます。

記事の前半ではCode Village(コードビレッジ)のカリキュラムの概要について、後半ではCode Village(コードビレッジ)のカリキュラムの良い点と悪い点や、通う価値があるかどうかを解説していきます。

つまり、この記事を読むことで、「Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムってどうなのかな。。本当に通う価値があるのか不安。」と言った悩みが完全に無くなります。

実際に僕もスクールに通った経験があり、その体験も元にしながら記事を書いたので、かなり参考になるかと。

この記事がプログラミングスクール選びの参考なれば幸いです。

Code Village(コードビレッジ)のカリキュラム概要を解説

では早速、Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムを解説していこうと思います。

まず、Code Village(コードビレッジ)の強みは次の5つです。

  1. 本質的なキャリアサポート
  2. 実践的で楽しく学べるカリキュラム
  3. 個々の目的に合わせたメンタリングシステム
  4. 5分以内の質問回答
  5. 共に勉強する仲間とのコミュニティ

Code Village(コードビレッジ)では、履歴書などの書類の添削や、面接対策があり、個別に合わせたメンタリングシステムがあり、5分以内に質問の回答が得られ、受講生同士のコミュニティがあり、カリキュラムもかなり洗練されているようです。

つまり、人脈を作りつつ、挫折しにくい環境で学べる最高のスクールと言えます。

学べる言語は、

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • React
  • Vue
  • Node
  • Express
  • PHP
  • Laravel
  • Ruby
  • Ruby on Rails

とかなり多岐に渡ります。

特に、ReactやVueと言ったモダンなフロントエンドのフレームワークを学べるのはかなり価値がありますね。

ここら辺の人材は現状人手不足なので、身につければかなり強いです。

なので総合的に見て、Code Village(コードビレッジ)は、かなり優れいてるプログラミングスクールだと言えます。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

Code Village(コードビレッジ)の特徴やカリキュラムを徹底解説

Code Village(コードビレッジ)tの特徴やカリキュラムを徹底解説

Code VillageはJavaScriptに特化したプログラミングスクールとなっています。
なので、JavaScriptのライブラリであるReactなどを学ぶにはとても良い環境かと思います。

このスクールの良い点は主に3つあります。

  1. クラス形式の授業となっていること
  2. カリキュラムで何を学べるかが明確なこと
  3. 現役のIT企業のCTOがカリキュラム、教材、授業の監修を行なっていること

です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

クラス形式の授業となっていること

初心者がプログラミング学習を独学で進めていくことがどれだけ大変なことかわかりますか?

プログラミングは初学者にとっては難しく、とても挫折しやすいです。
しかし、一緒に勉強する仲間がいるということは挫折する可能性を減らしてくれます。

実際、自分もスクールに通ってましたが完全に個人で進めていくタイプの授業形式で、仲間などもできなかったらのでモチベーションを保つのが大変でした。

また、切磋琢磨できる勉強仲間が居た方が学習効率が上がるという研究もあります。
そう言った点でCode Villageはオススメのプログラミングスクールと言えます。

カリキュラムで何を学べるかが明確なこと

多くのプログラミングスクールのサイトを見ていただければわかると思いますが、カリキュラムを公開してないところが多すぎです。

公開していたとしてもざっくりとしか書かれてないところが大半です。
その反面、Code Villageはカリキュラムと学ぶ内容が明確に書かれているので、実際に何を学べるのかハッキリわかります。

そして、現役エンジニアから見てこのカリキュラムは基礎力をつける上で十分な内容になっていると思えました。

なので、学習内容においてもしっかりとおすすめできるものとなってます。

現役のIT企業のCTOがカリキュラム、教材、授業の監修を行なっていること

Code Villageは他のスクールと違い、現役のCTO(エンジニアの一番偉い人)がカリキュラム等の監修を行なっています。

このようなプログラミングスクールは他にあまりないです。
つまり、他のスクールよりも質の高い授業やカリキュラムであると言えます。

これらの理由が僕がCode Villageをオススメする理由です。
ぜひここでJavaScriptを基礎から体系的に学んでエンジニアになってください。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

そもそもプログラミングスクールには通うべきなのか?

そもそもプログラミングスクールには通うべきなのか?

世の中のエンジニアにはプログラミングスクールを批判している人は結構います。
ただ、僕自身はスクールに通った方がエンジニアなれる確率は格段に上がると思ってます。

というのも、何の知識もない状態でプログラミングをある程度マスターするのって、かなりハードルが高いんですよね。

恐らく最初はわからない用語だらけですし、「エラーが出まくって教材を全然進められない。」という状況になる確率が高いです。

なので、そこで聞ける人がいないと高確率で挫折してしまいます。

そして、ある程度用語も理解できるようになって、エラーも自分で解決できるようになったらそこから挫折することはあまりないです。

つまり、最初の挫折しやすいところでスクールの力を借りる。
そして、力がついたら自走してエンジニアの力を伸ばしていく。

というのが一番良いパターンだと自分は思ってます。

なので、僕はプログラミング初学者はスクールに通うべきだと思ってます。

でも、「多くのエンジニアがプログラミングスクールなんて必要ないと言っているじゃないか!」という気持ちの人もいるかと思います。

ただ、よく考えてみてください。
そのような人たちは本当に独学でエンジニアになったのでしょうか?

恐らく、多くの人はしっかりと研修を受けれる企業に入った人だったり、もしくは大学でしっかりとITを学んだ人だと思います。

つまり、独学でエンジニアになった人なんてほぼいないということです。

実際、自分もスクールに通ってエンジニアになりましたが、スクールに通ってなければほぼ確実に挫折していたと思います。

ただ、決して安くは無い投資なので、まずは無料体験だけ行って、通うかどうか最後はあなた自身で決めていただければと思います。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

まとめ Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムと評価ポイントを徹底解説

今回はCode Village(コードビレッジ)のカリキュラムについて解説してきました。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

Code Village(コードビレッジ)のカリキュラム構成は、現役エンジニア視点で見てもかなり良い

人脈を作りつつ、挫折しにくい環境で学べる最高のスクール

Code Village(コードビレッジ)がおすすめな理由は次の3つ

  1. クラス形式の授業となっていること
  2. カリキュラムで何を学べるかが明確なこと
  3. 現役のIT企業のCTOがカリキュラム、教材、授業の監修を行なっていること

プログラミングスクールに通った方が、効率的に確実にプログラミングを身につけられるのでおすすめ

プログラミングスクール選びはかなり大変ですが、この記事が参考になれば幸いです。

また、プログラミングの学習はかなり大変ですが、そこまでしてでもプログラマーになる価値はあります。

スキルを身につければ、収入や働き方の自由度がかなり上がるので。

僕も実際にプログラミングスクールに通うことで、プログラミング学習を乗り越え、独立するまでになれました。

そのくらい信頼性の高い記事なので、ぜひ参考にして実践してみてください。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

さらに詳しいことはこちらで解説しているので、ぜひ参考にどうぞ

codevillageを徹底解説
【評判悪すぎ?】CodeVillage(コードビレッジ)を現役エンジニアが徹底解説プログラミングスクール選びって、かなり大変ですよね?特に最近はスクールがかなり増えているので、めちゃくちゃ迷うかと思います。なのでこの記事では、Code Village(コードビレッジ)の料金・カリキュラム・口コミ・転職先などを徹底的に解説していきます。...
ABOUT ME
ひのしん
【執筆者情報】ひのしんです。「正しい努力をすれば誰でも成果は出せる」 をモットーに発信しています。元ニートの現フリーランスエンジニアです。 プログラミング歴は4年ほどで、TOEIC885点を取得。科学と実体験を元にした効率的で正しいスキルアップ(プログラミング・英語・ブログ)の方法を発信してます。
\\こちらの記事が大好評です//