プログラミング

Code Village(コードビレッジ)で転職は可能か?転職先などをエンジニアが解説

Code Village(コードビレッジ)に通うか迷っているけど、実際にプログラマーに転職できるのかな?本当に通う価値があるかどうかも知りたいな。

この記事では、こういった疑問に答えます。

結論から言うと、Code Village(コードビレッジ)はかなり良いプログラミングスクールだと思います!

本記事では、その理由を具体的に解説していきます。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

プログラミングスクール選びって、かなり大変ですよね?

僕もプログラミングスクールに通ってましたが、どこのスクールにしようかめちゃくちゃ迷いました。

なので今回は、現役のフリーランスエンジニアである僕が、最近受講生が増えているCode Village(コードビレッジ)について解説していきます。

記事の前半ではCode Village(コードビレッジ)だと転職が成功しやすい理由を、後半ではCode Village(コードビレッジ)の転職先や転職成功談などを紹介していきます。

つまり、この記事を読むことで「本当にCode Village(コードビレッジ)で転職成功できるのかな。。本当に通う価値があるのか不安。」と言った悩みが完全に無くなります。

実際に僕もスクールに通った経験があり、その体験談も元にしながら記事を書いたので、かなり参考になるかと。

この記事がプログラミングスクール選びの参考なれば幸いです。

Code Village(コードビレッジ)で転職が成功する理由

Code Village(コードビレッジ)tの特徴やカリキュラムを徹底解説

Code VillageはJavaScriptに特化したプログラミングスクールとなっています。
なので、JavaScriptのライブラリであるReactなどを学ぶにはとても良い環境かと思います。

このスクールの良い点は主に3つあります。

  1. 本質的なキャリアサポートがある
  2. 個々の目的に合わせたメンタリングシステムがある
  3. 現役のIT企業のCTOがカリキュラム、教材、授業の監修を行なっていること

です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

本質的なキャリアサポートがある

Code Villageでは、ES・面接対策、自己分析など、転職活動に必要な網羅的なサポートを受けることが可能です。

さらに、Code Villageには就職斡旋というシステムがありません。

就職斡旋があると、微妙なSES企業に無理矢理就職させられたりする可能性あります。

なので、Code Villageではそういった心配をせずに、安心してキャリアの相談をすることができます。

個々の目的に合わせたメンタリングシステムがある

Code Villageでは生徒ひとりひとりに専属のメンターをアサインし、キャリアに合わせた最適な学習ロードマップの提案や定期的な面談を行います。

また、一人一人の学習状況を管理しているので、最適なアドバイスが可能となっております。

つまり、個人個人に合わせた最適な教材を用意してくれ、マンツーマンでサポートをしてくれるので挫折しにくいという最強の環境になってます。

これは、控え目に言っても、最高ですね。

現役のIT企業のCTOがカリキュラム、教材、授業の監修を行なっていること

Code Villageは他のスクールと違い、現役のCTO(エンジニアの一番偉い人)がカリキュラム等の監修を行なっています。

このようなプログラミングスクールは他にあまりないです。
つまり、他のスクールよりも質の高い授業やカリキュラムであると言えます。

これらの理由が僕がCode Villageをオススメする理由です。
ぜひここでJavaScriptを基礎から体系的に学んでエンジニアになってください。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

Code Village(コードビレッジ)の転職成功談

では、僕の意見だけだと信頼性に欠けると思うので、最後にSNSでの転職成功談を紹介していきます。

このように、割と最近に転職成功した人だったりがちらほらいます。

なので、Code Village(コードビレッジ)はきちんと結果を出しているスクールだと言えそうですね。

ぜひ、この恵まれた環境でエンジニアとしての基礎力を磨いてエンジニアを目指してください。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

まとめ Code Village(コードビレッジ)で転職は可能か?転職先などを現役エンジニアが解説

今回はCode Village(コードビレッジ)の転職先などについて解説してきました。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

Code Village(コードビレッジ)に通えば、プログラマーに転職できる可能性が高い

Code Village(コードビレッジ)がおすすめな理由は次の3つ

  1. 本質的なキャリアサポートがある
  2. 個々の目的に合わせたメンタリングシステムがある
  3. 現役のIT企業のCTOがカリキュラム、教材、授業の監修を行なっていること

SNSでも、実際に転職成功した話をいくつか見つけることができる

プログラミングスクール選びはかなり大変ですが、この記事が参考になれば幸いです。

また、プログラミングの学習はかなり大変ですが、そこまでしてでもプログラマーになる価値はあります。

スキルを身につければ、収入や働き方の自由度がかなり上がるので。

僕も実際にプログラミングスクールに通うことで、プログラミング学習を乗り越え、独立するまでになれました。

そのくらい信頼性の高い記事なので、ぜひ参考にして実践してみてください。

↓ まずは、無料相談に参加しましょう。

挫折させない本気のプログラミングスクールの新規無料カウンセリング参加

さらに詳しいことはこちらで解説しているので、ぜひ参考にどうぞ

codevillageを徹底解説
【評判悪すぎ?】CodeVillage(コードビレッジ)を現役エンジニアが徹底解説プログラミングスクール選びって、かなり大変ですよね?特に最近はスクールがかなり増えているので、めちゃくちゃ迷うかと思います。なのでこの記事では、Code Village(コードビレッジ)の料金・カリキュラム・口コミ・転職先などを徹底的に解説していきます。...
ABOUT ME
ひのしん
【執筆者情報】ひのしんです。「正しい努力をすれば誰でも成果は出せる」 をモットーに発信しています。元ニートの現フリーランスエンジニアです。 プログラミング歴は4年ほどで、TOEIC885点を取得。科学と実体験を元にした効率的で正しいスキルアップ(プログラミング・英語・ブログ)の方法を発信してます。
\\こちらの記事が大好評です//