ライフハック

【超集中力UP講座】簡単に集中力が高まるテクニック3選

何か集中力が簡単上がるテクニックとかないのかな?あれば知りたいな。

こういった疑問に答えます。

「簡単に集中力が上げられる方法があれば良いな」と思ったことはありませんか?

僕も全く同じことを思っていたので、調べました。

結果として、3つほどかなり手軽で効果の高い、集中力を高めるテクニックを見つけました。

このテクニックは、僕が英語やプログラミングを学習していた時にかなり活用していたものです。

転職やTOEIC学習で短期間で成果を上げれたのは、このテクニックのおかげかなとも思っています。

あなたも高い集中力を手に入れたくはありませんか?

この記事を読み終わる頃には、高い集中力を手軽に手に入れるための方法がわかっているはずです。

ぜひ、この記事を読んで実践してください。

本記事の内容
・集中力を手軽に上げてくれるテクニック3選

今回紹介する方法は、全て科学的根拠のある方法です。

先ほども言いましたが、僕も使ったことがあるテクニックです。

この記事の中ではその体験談なども入れなかがら書いてあるので、かなり参考になるかと思います。

あなたもこの方法を使って、集中力の高い人になりましょう。

集中力が高まるテクニック3選

three

それでは、集中力が高まるテクニックを3つ順番に説明していきます。

1、タイムボクシング&優先順位

まず使えるテクニックは、優先順位決めとタイムボクシングになります。

「タイムボクシングとはなんぞや?」と思いますよね?

グーグルカレンダーなどを使って、毎日のスケジュールをブロックで区切る方法になります。

要は、学校の時間割みたいな感じで、スケジューリングをしようといことです。

実は、とある企業が生産性に効果のある手法を調べた際に、そのランキングの1位に輝いたのが、この「タイムボクシング」という手法です。

ちなみに、「優先順位を決める」というのが2位です。

なので、

  1. 毎日のタスクの優先順位を決めて
  2. タイムボクシングでスケジューリングをする

というのが、最強の生産性UPテクニックになります。

普通のTodoリストだと何時にやればわからなくて脳がパニックになってしまい、達成率が下がってしまいます。

なので、このタイムボクシングテクニックと言うのは、かなり効果があるのです。

2、ポモドーロテクニック&ウルトラディアンリズム

ポモドーロテクニックは、作家のフランチェスコ・シリロという方によって考案されたテクニックです。

やり方としては、25分の作業と5分の休憩を繰り返すというものです。

これだと長時間集中する必要がなく、適度に休憩があるので、集中力を長時間維持しやすくなります。

ちなみに、25分間の内の目標を立てておくとさらに効果的です。

例えば、ブログなら「〜文字を25分以内に書く」といった感じ。

これをすることで、短時間で毎回目標達成がされるので、脳内でドーパミンが出ます。

ドーパミンが出るとやる気が上がるので、次の作業のやる気も高まります。

また、ウルトラディアンリズムというテクニックもあります。

これは、人間の体内時計に作業時間を合わせるというものです。

具体的には90分の作業と、20分の休憩を合わせることです。

人間の体内時計に合わせて時間を設定しているので、もちろんですが集中できます。

また、「52分の作業と17分の休憩が一番生産性が高まる」みたいな研究もあるので、自分にあった作業と休憩のリズムを見つけてみてください。

3、ルーティン

実は、勉強や仕事の前にルーティンをこなすとパフォーマンスが上がります。

これは、科学的にも証明されています。

例えば、

  • ルティーンでテストの成績が21%上がった
  • ルティーンでゴルフのパットが入る確率が38%も上がった

と言う研究結果があります。

五郎丸がキック打つ前にやっていた動作もルーティンです。

ルーティンで大事なのは次の1つだけです。

「毎回決まった動作をする」

なので、「今日はこのルーティンをして、明日はこのルーティンをする」というのではダメです。

やることは何でも良いですが、毎回決まった動作をする必要があります。

僕の場合は毎朝の作業の前に、運動、シャワー、瞑想をすることをルーティンにしています。

けれど、「テストの前の指パッチンをルーティンにするだけでテストの成績が上がった」という研究があるので、ルーティン自体は本当に何でもOKです。

ぜひ、自分流のルーティンを作ってみてください。

集中力が高まるテクニック3選 まとめ

focus

まとめます。

集中力が高まるテクニック3選1、タイムボクシング+優先順位決め
時間とタスクがスケジューリングされているので、脳がパニックにならない

2、ポモドーロ+ウルトラディアンテクニック
自分にあった作業時間と休憩時間を見つけることで、長時間集中できるようになる

3、ルーティン
何でも良いので、作業前にルーティンをこなすことでパフォーマンスが上がる

です。

これらのテクニックを使うことで、簡単に集中力を上げることができます。

逆にどれも手軽なので、使わないともったいないです。

ぜひ、使ってみてください。

また、僕のブログでも目標達成関連の記事を書いているので、気になった人は見てみてください。

その他の集中力の上げ方についてはこの記事にまとめてあるのでどうぞ

focus
【集中力が面白いほど上がる】集中力を高める方法完全まとめ【完全版】勉強や仕事で成果を出したいから、集中力を高めるための方法を知りたい。こういった要望に答えます。本記事では、集中力を高めるための方法を解説します。本ブログ(エンジニアLIFE)では、様々な集中力UPのテクニックについてを書いてきました。そして、記事が結構溜まってきたので、まとめ記事を書いちゃおうかと思います。...

おわり

関連記事

ABOUT ME
ひのしん
【執筆者情報】ひのしんです。「正しい努力をすれば誰でも成果は出せる」 をモットーに発信しています。元ニートの現フリーランスエンジニアです。 プログラミング歴は4年ほどで、TOEIC885点を取得。科学と実体験を元にした効率的で正しいスキルアップ(プログラミング・英語・ブログ)の方法を発信してます。
\\こちらの記事が大好評です//