英語

【880】TOEIC超効率的リスニング勉強法【体験談あり】

listening
最近TOEICの勉強を始めたけど、リスニングの勉強方法がよくわからないな。効率的な勉強法があれば知りたい。

こういった要望に答えます。

「TOEICの勉強を始めたけど、効率的な勉強方法がわからない。。」

ということありますよね。

僕もそうでした。

実は、科学的に効果の高い勉強法というのは、すでに見つかってます。

なので、しっかりとその効率の良い勉強をすれば、意外と簡単にTOEICの点数を伸ばすことができます。

今回紹介する勉強法は、英語勉強法を書いてる多くのブログにも載ってますし、TOEIC高得点を取っている人はほぼ全員がやっている勉強法です。

さらに、この記事では僕がTOEICで高得点を取るまでにした勉強の体験談なども書いてるので、かなり参考になるかと思います。

あなたも、TOEICの高得点を取りたくはありませんか?

TOEICの高得点があれば、転職時にも評価されますし、年収のUPも実現できます。

この記事を読み終わる頃には、そのTOEICの高得点を取るための方法を知れています。

ぜひ、この記事を読んで実践してください。

本記事の内容
・TOEICのリスニングで高得点を取るための勉強法
・リスニングのオススメ教材

先ほども言いましたが、本記事で紹介する方法は様々な人がオススメしていますし、僕も実際に効果を実感しています。

僕も昔は英語が大の苦手でしたが、この勉強法をすることでTOEICの点数を425点から885点まで伸ばすことができました。

なので、今英語が苦手という人でも簡単に使える勉強法になります。

あなたもこの勉強法を使って、TOEICの点数を爆上げさせましょう。

科学的に効果が実証されている、おすすめリスニング勉強法3選

three

科学的に効果が実証されていて、実際に僕も使って効果を実感できているものが主に3つあります。

それは、

  • ディクテーション
  • シャドウイング
  • オンライン英会話

です。

聞いたことのない勉強法もあるかも知れませんが、1つずつ説明していきますね。

ディクテーション

ディクテーションとは、英語の教材を聞いて、その聞き取った文章を紙に書き出すという勉強法です。

これをすることで、自分がどんな音が聞き取れないのかということがわかります。

例えば、

「Get outをゲットアウトだと思ってたけど、ネイティブの人はゲラウトみたいな感じに言うのか。」

「Heardはヒアードじゃなくとハゥードみたいな感じで発音するのか。」

と言った感じ。

このティクテーションを繰り返していいくことで、英語の正しい音をインプットできるため、リスニング能力が向上します。

オススメディクテーション教材

1、Tedict

これは、超一流科学者が英語でプレゼンをしてくれるTEDの公演で、ディクテーションができると言うアプリになります。

英語の勉強って、教材の内容がつまらんくて続かないということが多いかと思います。

けれど、これは教材が面白いので無理なく勉強を続けることができます。

また、英語の勉強ついでに科学的な役立つ知識をインプットすることができるので、一石二鳥になります。

tedict

2、超低速メソッド

超低速メソッドは、その名の通り、「超低速で英語の音を聞いて、正しい発音を知ろう。」と言うコンセプトの本です。

超低速なので、初心者の人にも無理なくディクテーションをすることができます。

また、英語がどういった音の組み合わせで、どう音が変化するのかということも学べます。

3、スタディサプリTOEIC

スタディサプリTOEICとは、TOEIC学習に特化したアプリです。

これは実際に模試を解いて、それをディクテーションしていくと言う形式なので、TOEIC学習のためにディクテーションをするのなら最適な教材になります。

少し月額料金はかかりますが、学習効果の高さとTOEICの高得点取得から得られるメリットを考えたら、全然安い値段かと思います。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

シャドウイング

シャドウイングとは、英語を聞いて、聞いた音を口に出すと言う学習法になります。

聞いた音を正しく口に出さなければいけないので、ディクテーションよりも難易度が上がります。

アメリカの大学にアレクサンダー教授という50か国語を話せるとんでもない人がいるのですが、その人がオススメしている勉強法になります。

というのも、このシャドウイングを繰り返すことで、英語を聞き取る能力が上がると言うことがわかっています。

ただ、先ほども述べた通りディクテーションよりも難易度が高いので、ディクテーションに慣れた後に取り入れるのが良いかと思います。

教材も基本的に、ディクテーションと同じ教材を使えばOKです。

オンライン英会話

最後にオススメするのが、オンライン英会話になります。

このオンライン英会話をこなすことで、長い文章にも慣れることができます。

また、TOEICで言うとPart2の良い練習にもなります。

Part2は、瞬発的に質問に応えるスキルが必要になるので。

また、オンライン英会話をこなすと、英語を処理する能力が高まるなと体感しています。

つまり、英語を聞き取ってから意味を理解するまでの時間を短縮することができます。

TOEICは問題をスピーディーに解く必要があるので、この情報処理の速さがあるとかなりの強みになります。

なので、オンライン英会話はかなりオススメする勉強法になります。

ちなみに、僕はスパトレを使ってましたが、ネイディブキャンプやCamblyなどもコスパが良くて使い勝手が良いのでオススメです。

どれも無料体験があるので、まずは無料で試して良いと思ったら登録、微妙だと思ったら契約しなければ良いだけなので、ノーリスクです。

TOEICの対策ならお任せ!

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】

スパトレ|◎業界最安値◎第二言語習得論に基づく英語トレーニングの有料会員登録

【880】TOEIC超効率的リスニング勉強法 まとめ

ahcieve

まとめます。

オススメTOEICリスニング勉強法1、ディクテーション
英語の正しい音をインプットできるのでオススメ

2、シャドウイング
英語を聞き取る能力を上げられる。超すごい教授もオススメしている勉強法

3、オンライン英会話
英語の処理スピードを高めることができる。TOEICで高得点を取得したいのなら必須

です。

これらの勉強法をすることで、TOEICでのリスニングの点数を飛躍的に上げることができます。

実際、僕も「模試を解いてディクテーションとシャドウイングをして、たまにオンライン英会話をする」

と言った勉強方法でTOEICで885点を取得したので、信頼性はかなりあるかと思います。

逆に、これらの学習法を使わないと、勉強時間がかなり無駄になってしまうので、勿体ないです。

きちんと正しい勉強法を活用して、ちゃちゃっとTOEICで高得点を取得しちゃってください。

また、僕のブログでもTOEIC学習法についての記事を書いているので、気になった人は見てみてください。

TOEICの点数を上げたいという人はこの記事をどうぞ

初心者の方(400点~500点)はこの記事からどうぞ

roadmap
TOEIC独学完全ロードマップ【400点初心者~700点まで】「とりあえず短期間でTOEICの点数をあげたい。」ということありますよね。僕もそうでした。転職時に武器として欲しかったので. 「TOEICを短期間でそんな点数を大幅に上げるとか無理でしょ。」と思ってませんか?実は、TOEICは意外と短期間で大きく点数を伸ばすことが可能です。というのも、僕は3ヶ月の学習でTOEICの点数を425点から765点まで上げました。...

中級者の方(500点〜700点)はこの記事をどうぞ

roadmap
TOEIC独学完全ロードマップ【700点中級者~880点まで】「TOEICの点数をできれば880点くらいまであげたい」と思っていますか?僕もそうでした。転職時に武器として欲しかったので。実は、TOEICは意外とコツさえ掴めば、大きく点数を伸ばすことが可能です。本記事ではそのことを具体的に解説してます。...

おわり

ABOUT ME
ひのしん
【執筆者情報】ひのしんです。「正しい努力をすれば誰でも成果は出せる」 をモットーに発信しています。元ニートの現フリーランスエンジニアです。 プログラミング歴は4年ほどで、TOEIC885点を取得。科学と実体験を元にした効率的で正しいスキルアップ(プログラミング・英語・ブログ)の方法を発信してます。
\\こちらの記事が大好評です//