プログラミング

20代なら絶対にエンジニア転職をすべき理由【現役エンジニアが解説】

20age
今20代だけど、将来に不安がある。エンジニアとかに転職して手に職付けたい

この記事では、こういった悩みに答えます。

20代で仕事に慣れてくると、将来が不安になりますよね??

僕も新卒1年目の頃に焦りを感じて、Webエンジニアへの転職を目指しました。

そして、今や僕はフリーランスとして独立できています。

振り返ってみると、あの頃に転職を決意して本当に良かったと思っています。

なので、もしあなたが今エンジニアへの転職を目指しているのであれば、めちゃくちゃ良いことだと思います。

今回は具体的に、なぜ20代のエンジニア転職がおすすめなのか、ということを解説していきます。

この記事では、僕の体験談も元に転職で失敗しない方法なども書いているので、かなり参考になるかと。

記事の前半では、なぜ20代のエンジニア転職がおすすめなのかということを、後半では転職を成功させるためのポイントについて解説しています。

つまりこの記事を読むことで、「20代でのエンジニア転職ってどうなんだろう。。。」と言った悩みが完全に無くなります。

ぜひ、最後まで読んで参考にしてみてください。

20代なら絶対にエンジニア転職をすべき理由3選

20代なら絶対にエンジニア転職をすべき理由3選

ではさっそく、20代にエンジニア転職がめちゃくちゃおすすめである理由を紹介していきます。

理由1:エンジニアが足りてない

まず、昨今エンジニアは需要に対して全然足りていないです。

理由は簡単で、ITは今やほぼ全ての業界で使われるようになったからです。

例えば、パソコンがない職場なんて今の時代はほとんどないと思います。

様々な業界でITが使われるようになれば、当たり前ですがIT人材が足りなくなります。

現に僕は実務経験1年以内でフリーランスとして独立しましたが、紹介してもらえる案件は数多くありました。

つまり、それだけエンジニアが足りていないということです。

さらに、エンジニア不足はこれからさらに加速するはずです。

なので、将来的に給料が上がる可能性がかなり高いです。

エンジニア不足の今こそ転職のチャンスということです。

理由2:若いと色々教えてもらいやすい

特に20代に転職がおすすめなのは、上司の人から色々と教えてもらいやすいからです。

上司から見ても、自分より年上の人に教えるのはちょっとやりにくいはずです。

なので、20代の人はかなりチャンスなのです。

特にエンジニアの実力は、キャリアの初期にどれだけ質の高い教育を受けたかで左右されます。

つまり20代で転職しておけば、実力がかなり伸びるチャンスがあるということです。

もし、今20代なのであれば、迷わず転職しちゃいましょう。

理由3:若い方が転職活動で成功しやすい

次の理由は、若い方が転職活動で成功しやすいからです。

もし経験者を取るのであれば、経験の長い30代や40代を取るはずです。

けれど未経験を取るのであれば、絶対に若い20代を取ります。

理由は簡単で、その方が将来伸びるからです。

20代の方が新しいことを学ぶ能力が高いですし、単純に長期間教育することができます。

つまり、若い方が伸び代が大きいため採用されやすいのです。

また、30代や40代だと家族や子供がいるので多少高い給料を払う必要があるため、わざわざ中高年を雇うメリットがないんです。

これらの理由から、今あなたが20代なのだとしたら、絶対にエンジニアへ転職をすべきだと考えてます。

20代未経験が転職するときにしがちな失敗と成功させるためのポイント

c
20代未経験が転職するときにしがちな失敗と成功させるためのポイントn

20代のエンジニア転職がおすすめな理由を書いてきましたが、全員が転職すべきではないと考えてます。

特に20代は勢いに任せがちなので、転職などの重要な決断で失敗しやすいです。

なので、次に転職で失敗しないためのポイントを5つほど紹介していきます。

ポイント1:良い企業にいるなら一旦踏みとどまるのもアリ

まず、もしあなたが一流の大企業にいるのであれば、転職は一旦待った方が良いかもです。

なぜなら、このままキャリアを歩めば高収入を見込めるからです。

せっかく将来が約束されているのに、転職してそれを捨ててしまうのはもったいないです。

なので、これに当てはまる人は、一旦自分がエンジニアになりたい理由を振り返ってみてください。

例えば、高収入を目指しているのであれば、わざわざ転職をする必要はないです。

逆に、お金はどうでも良いからエンジニアに転職して世の中を変えるサービスを作りたいと思っているとかであれば、20代の今の内にエンジニアに転職すべきだと思います。

ポイント2:一生勉強が必要なことを知る

エンジニアは確かにそこそこの収入が手に入り、リモートワークなど働き方の自由度も高いです。

ただ、それだけ大変な職種でもあります。

例えば、IT業界では様々な技術が毎年のように出てきます。

しかも、世の中にはたくさんのプログラミング言語などがあります。

それだけ勉強が大変なんです。

なので、もし勉強が嫌いな人であれば、エンジニアへの転職はおすすめできません。

逆に、一生勉強でも良いからエンジニアになりたいという人は、エンジニアになるべきだと思います。

ポイント3:お金を求め過ぎない

次のポイントは、お金を求めすぎないということです。

特に転職の初期は基本的に、年収は下がります。

なので、最初から高い収入を目指すと絶対に失敗します。

また、会社員として稼げているエンジニアもそこまで多くないです。

その現実もしっかりと知りましょう。

もちろん、最終目標は高い収入を得ることでも全然良いですが、キャリアの初期の内はお金よりも経験を積める会社を選ぶようにしましょう。

ポイント4:やりたいことを明確にする

エンジニアへ転職するのであれば、やりたいことを明確にしましょう。

例えばエンジニアと言っても、

  • Webエンジニア
  • Iotエンジニア
  • AIエンジニア

など様々な種類があります。

なので、どんなエンジニアになりたいかを明確にしてないと、絶対に転職でミスります。

しっかりと、業界のことなどを勉強してから転職するようにしましょう。

ポイント5:会社の評判を調べる

最後の対策として、しっかりと会社の評判を調べるようにしましょう。

今の時代は、OpenWorkLightHouseといったサイトを使えば、簡単に会社の評判を調べることができます。

IT企業の中には、プログラマーとして就職させても、実際はテストなどしかやらせてもらえないといった悪質な企業も多くあります。

けれど、事前に会社の評判を調べることによって、そういった企業への就職を未然に防ぐことができるのです。

僕も実際にこれらのサイトを使って事前に企業について調べていたので、かなり良い企業に就職することができました。

あなたも、すぐにスキルを身につけたいと思っているのであれば、会社の評判は絶対に調べるようにしておきましょう。

20代がエンジニア転職する時におすすめの転職エージェント

転職の成功を分けるのは、エージェント選びです。

よく分からないエージェントを使うと、よく分からない転職先に行くことになってしまいます。

なので、しっかりと評価の高い転職エージェントを使うようにしましょう。

具体的には、この記事でおすすめのエージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの転職エージェント
現役エンジニアが選ぶエンジニア転職に使えるエージェントランキング この記事では、こういった疑問に答えます。 転職の際にどのサービスを使ったら良いかってかなり迷いますよね? 僕も最初は...

【実体験】僕が20代でエンジニアとして転職成功するまでの過程を全公開

【実体験】僕が20代でエンジニアとして転職成功するまでの過程を全公開

では次に、僕がどのようにして20代の時にエンジニア転職を成功させたのかという話をしていこうと思います。

この話を聞くことで、知識0から実際にエンジニアになるまでのイメージを持てるようになるはずです。

それでは、話していきます。

結論から言うと、僕は以下のようにして稼げるようになりました。

  1. Web系のエンジニアは稼げるということを知り、転職を決意する
  2. プログラミングスクール(ポテパンキャンプ)に通う
  3. スクールで学びつつ、独自のポートフォリオも作成
  4. Web制作エンジニアになる
  5. 稼げないと悟り、1年でWebエンジニアに転職する
  6. 10ヶ月ほど実務経験を積む
  7. フリーランスとして独立(収入2.5倍)
  8. 単価交渉して月単価10万UP(年換算120万のUP)

僕もWeb系は稼げるという話を聞き、プログラミングスクールに通ってWeb制作エンジニアになりました。

けれど、稼げなかったのでWebエンジニアに転職し、実務経験を摘みました。

そして、フリーランスとして独立して年収が2.5倍ほどになりました。

また、半年継続していただいているクライアントさんと交渉し、月単価10万円ほど上げることができました。

要約すると、僕がプログラミングで稼ぐるようになった要因は次の通りです。

  • 目標をまず定める
  • プログラミングスクールで効率的に知識を身につけてWeb業界に入り込む
  • スクールを活用しつつ、自分でも独学をする
  • 稼げるよう領域に移る
  • 実務経験を踏み、技術力を上げる

つまり、しっかりとスキルさえ身につければ、Web制作だろうがWeb開発だろうができるようになると言う証明になります。

これも参考にして、今20代の人はエンジニアへの転職を検討してみてください。

ただ飽くまで、参考までにどうぞ。

まとめ 20代なら絶対にエンジニア転職をすべき理由

今回は20代なら絶対にエンジニア転職をすべき理由について解説してきました。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

20代なら絶対にエンジニア転職をすべき理由

  • エンジニアが足りてない
  • 若いと色々教えてもらいやすい
  • 若い方が転職活動で成功しやすい

20代未経験が転職するときにしがちな失敗と成功させるためのポイント

  • 良い企業にいるなら一旦踏みとどまるのもアリ
  • 一生勉強が必要なことを知る
  • お金を求め過ぎない
  • やりたいことを明確にする
  • 会社の評判を調べる

エージェント選びは転職活動においてかなり大事、信頼できるエージェントを選ぼう

エンジニアへの転職はかなり大変ですが、そこまでしてでもエンジニアになる価値はあります。

スキルを身につければ、収入や働き方の自由度がかなり上がるので。

僕も今回紹介した転職のポイントを意識して、20代でWebエンジニアへの転職を成功させました。

そのくらい信頼性の高い方法なので、ぜひ参考にして実践してみてください。

さらに詳しい転職活動を成功させるための方法は、こちらで解説しているのでぜひ参考にどうぞ

未経験からのエンジニア転職
未経験からエンジニアへ転職を成功させる方法【おすすめエージェントも紹介】未経験からエンジニアに転職する時って、どんなサービスを使うか迷いますよね?他にも分からないことだらけで色々迷うと思います。なので今回はその経験などを元に、転職で失敗しないために知っておくべき知識やおすすめの転職サービスを解説します。...

おわり

ABOUT ME
ひのしん
【執筆者情報】ひのしんです。「正しい努力をすれば誰でも成果は出せる」 をモットーに発信しています。元ニートの現フリーランスエンジニアです。 プログラミング歴は4年ほどで、TOEIC885点を取得。科学と実体験を元にした効率的で正しいスキルアップ(プログラミング・英語・ブログ)の方法を発信してます。
\\こちらの記事が大好評です//