ライフハック

【超集中力UP講座】集中力を高めるたった3つの環境作り

集中力を高めるために色々工夫しているけど、あまり効果を実感できない。

こういった悩みに答えます。

「色々工夫しているけど、集中できないし、たまにサボってしまう。。」
という悩みはありませんか?

その悩みは、環境を整えれば一発で解決します。

今回紹介するテクニックは、大学の学者兼起業家の方の本を元にしています。

なので、信憑性は十分あるかと。

あなたも、毎日決めたことをサボらずに実行できる人になってみたくはありませんか?

この記事を読み終わる頃には、そうなる為の方法を知れています。

ぜひこの記事を読んで学んだことを実践してください。

本記事の内容
・集中力を発揮する為の環境作り

僕もWebエンジニアを目指して勉強していた時は、今回紹介するようなテクニックを使っていました。

おけげでその目標も達成できました。

この記事の中では、その体験談なども入れなかがら書いてあるので、かなり参考になるかと思います。

あなたもこの方法を使って、目標達成のできる人になりましょう。

集中力を高めるための環境作り

job-change

まず、集中力を発揮する為の環境作りについて説明していきます。

やることは主に3つあります。

まずは1つだけ好きな物からやってみてください。

最終的に3つとものテクニックを使えば完璧です。

では、具体的な方法を説明していきます。

勉強仲間を作る

まずは、勉強仲間を作りましょう。

勉強の仲間を作るメリットは主に3つあります。

  1. 競争相手になる
  2. 心の支えになる
  3. インプットとアウトプットの質が高まる

どういうことか具体的に説明してきます。

競争相手になる

人間は競争相手がいた方が、パフォーマンスが上がるということが分かってます。

例えば、マラソンを一人で走るのと、仲間と切磋琢磨しながら走るのは、後者の方がモチベーションが上がるというのは想像できるかと思います。

同じように勉強も一人でやるよりも、複数人でやった方がパフォーマンスが上がります。

これは、闘争ホルモンのアドレナリンが分泌されることが理由です。

アドレナリンが分泌されることで集中力や記憶力が上がります。

なので、一人で黙々とやるよりも、たまには誰かと一緒に勉強した方が効率的だということです。

心の支えになる

誰か勉強仲間がいると、挫折しそうになった時でも諦めずに耐えるこ確率が上がります。

一緒に同じ目標を目指している人がいる場合といない場合は、前者の方が挫折しにくいということです。

というのも、勉強仲間がいた方が、悩みを言い合えるし、励まし合うこともできます。

僕も、プログラミングを学んだ時は一人でオンラインのスクールに通ってましたが、挫折しないように耐えるのが大変でした。

なので、クラス形式での授業を採用しているスクールに通っていれば、もっと楽だったかなと今振り返ると思います。

インプットとアウトプットの質が高まる

勉強仲間がいると、わからないことをすぐ聞くことができます。

逆に、聞かれたことを答える際に頭の整理をすることができ、より学んだことを頭に残しやすくできます。

このように、

  • 同じ経験をしている人がいるからこそできる情報の共有(インプットの質が上がる)
  • 聞かれたことを教える際に自分の理解も深まる(アウトプットの質が上がる)

という2つのメリットがあるのです。

この点を考えても勉強は一人でやるよりも、複数人でやった方が良いです。

自己超越目標を持つ

自己超越目標とは、自己を超えた目標のことです。

簡単に言うと、「自分のため以外の目標を持とう」と言うことです。

どういう事かと言うと、人間は自分のために頑張っていると、失敗しそうになった時に「自己」を守るために逃げようとします。

しかし、自分以外の為の目標を持っていると、自己守る為の恐怖心や不安を持つことがなくなり、驚くほどのパフォーマンスを発揮できるようになるのです。

つまり、人間の脳は苦しい状況に陥ると、撤退するようにプログラムされているが、自己超越目標を持つことでそのプログラムを無くすことができるのです。

実際に、20万人の労働者を対象にした研究によると、「自分の仕事は人々の役に立つ」と考えると、仕事の質が上がり、目標も達成しやすくなる、と言うことが分かってます。

なので、「自分の今の目標は他人にどういった影響を与えることができるか」を考えてそれを目標に落とし込むことが大切です。

例えば、自由に暮らせるように年収1000万を目指すよりも、家族が幸せになるために年収1000万を目指した方が目標の達成率が上がると言うことです。

期限を設ける

何か目標を持つ時はきちんと期限を設定することが大事です。

例えば、TOEIC900点を目指すという目標よりも、一年以内にTOEIC900点を取ると言う目標を持っている人の方が成功しやすいです。

同じように、何かタスクをこなす時も期限を設定しておきましょう。

例えば、「このタスクは何時までに終わらせる」と期限を設定した方が集中力が高まります。

毎日夕方5時に子供を保育園に迎えに行く、と言うことが決まっている主婦の方が、子供のいない主婦よりもタスクを効率的にこなせます。

これは、期限を設置するとそれを達成するためにアドレナリンが分泌され、集中することができるからです。

なので、目標や作業には必ず期限を設けるようにしましょう。

集中力を高めるたった3つの環境作り  まとめ

study-programming
まとめます。

集中するためにするべき環境作り3選

1、勉強仲間を作る
勉強仲間を作ることで、集中しやすく、挫折しにくく、学習効率を高める環境を作ることができる

2、自己超越目標を持つ
自分以外のための目標を持つことで、最高のパフォーマンスを発揮することができる

3、目標や作業に期限を設ける
期限を設けることで、より集中でき、質の高い時間を作ることができる

 

です。

これらのテクニックを使うことで、日々のタスクの集中力を爆上げすることができます。

1つでも気になるものがあれば実践してみてください。

逆に使わないと、せっかく勉強や作業をしてもダラダラ集中せずに時間を無駄にしてしまうかもしれません。

使わない理由はないですよね?

ぜひ使ってみてください。

また、僕のブログでも目標達成関連の記事を書いているので気になった人は見てみてください。

その他の集中力の上げ方についてはこの記事にまとめてあるのでどうぞ

focus
【集中力が面白いほど上がる】集中力を高める方法完全まとめ【完全版】勉強や仕事で成果を出したいから、集中力を高めるための方法を知りたい。こういった要望に答えます。本記事では、集中力を高めるための方法を解説します。本ブログ(エンジニアLIFE)では、様々な集中力UPのテクニックについてを書いてきました。そして、記事が結構溜まってきたので、まとめ記事を書いちゃおうかと思います。...

おわり

関連記事

ABOUT ME
ひのしん
【執筆者情報】ひのしんです。「正しい努力をすれば誰でも成果は出せる」 をモットーに発信しています。元ニートの現フリーランスエンジニアです。 プログラミング歴は4年ほどで、TOEIC885点を取得。科学と実体験を元にした効率的で正しいスキルアップ(プログラミング・英語・ブログ)の方法を発信してます。
\\こちらの記事が大好評です//