プログラミング

【評判悪すぎ?】CodeVillage(コードビレッジ)を現役エンジニアが徹底解説

codevillageを徹底解説

※この記事は2022年4月26日に公式サイトを元にリライトしています。

エンジニア目指してる人
エンジニア目指してる人
Code Village(コードビレッジ)に通おうと思ってるけど、実際このスクールどうなのかな?
スクール選びで失敗したくないから、評判や料金、カリキュラムや転職実績など全て知りたい。

この記事では、こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • Code Village(コードビレッジ)とは
  • Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムの質は高いのか
  • Code Village(コードビレッジ)の料金は高くないのか
  • Code Village(コードビレッジ)の口コミは悪くないのか
  • Code Village(コードビレッジ)の転職先は微妙ではないのか

プログラミングスクール選びって、かなり大変ですよね?

僕もプログラミングスクールに通っていた経験があるのですが、最初はどこにしようかとても迷いました。

なので今回はその経験などを元に、現役のフリーランスエンジニアである僕が、最近受講生が増えているCode Village(コードビレッジ)について解説していきます。

Code Village(コードビレッジ)の料金・カリキュラム・口コミ・転職先などを徹底的に解説しているので、かなり参考になるはずです。

つまりこの記事を読むことで、
「Code Village(コードビレッジ)ってどうなのかな。。本当に通う価値があるのか不安。」
と言った悩みが完全に無くなります。

特に、しっかりとリサーチをしているあなたは、スクール選びで失敗することは無くなるはずです。

ぜひ、最後まで読んでCode Village(コードビレッジ)に通うかどうかを決めていただければと思います。

>>CodeVillage(コードビレッジ)へ無料相談

本記事の著者
hinoshin
ひのしん
現役フリーランスエンジニア
  • 文系学部(体育学部)卒だけど、Webエンジニアに転職成功
  • プログラミングスクールに通った経験あり
  • 実務10ヶ月でフリーランスとして独立
  • 元々勉強が苦手で、大学の偏差値は50ほど
  • 血液型はO型、千葉県出身の神奈川県在住、8月生まれの現在26歳

Code Village(コードビレッジ)とは

Code Village(コードビレッジ)とは
Code Village(コードビレッジ)とは、プログラミングを学べるスクールになります。

まず、Code Village(コードビレッジ)の強みは次の5つです。

  1. 高い口コミ評判
  2. 高度なカリキュラム
  3. 整ったサポート体制
  4. コミュニティの充実
  5. 本質的なキャリアサポート

これらの特徴から、僕がかなりオススメしているプログラミングスクールになります。

この記事では、さらにCode Village(コードビレッジ)の特徴や魅力について深堀をしていきます。

Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムは優れてる?

Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムは優れてる?
学べる言語は、以下のようにかなり多岐に渡ります。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • React
  • Vue
  • Node
  • Express
  • PHP
  • Laravel
  • Ruby
  • Ruby on Rails

特に、「React」や「Vue」と言った、モダンなフロントエンドのフレームワークを学べるのはかなり価値がありますね。

ここら辺の人材は現状人手不足なので、身につければかなり強いです。

そして、具体的にこのスクールの良い点は主に3つあります。

  1. アウトプットを重視している
  2. チーム開発を学べる
  3. 自分の弱点に合わせてカスタマイズできる

それぞれ具体的に解説していきます。

アウトプットを重視している

Code Village(コードビレッジ)は、かなりアウトプットを重視したカリキュラムとなっています。

この考え方は僕的にはかなり良いと思っています。

というのも、プログラミング学習はアウトプットを重視すると、学習効率が数倍に上がります。

実際に僕もアウトプットした技術に関しては、かなり理解が深まっています。

もちろんその分難易度は上がりますが、それだけ力もつきます。

なので、このアウトプットを重視しているという点は、かなり良いと思います。

チーム開発を学べる

Code Village(コードビレッジ)の後半2ヶ月は、チーム開発で超実践的にプログラミングを学べます。

実際にエンジニアが一人で仕事をすることはほぼ無いので、チーム開発をしっかりと体験できるのはかなり良いです。

僕が通ったスクールではチーム開発がなかったので、現場に入った当初はかなり戸惑いました。

その点から考えても、チーム開発をしっかりと学べるCode Village(コードビレッジ)はかなりおすすめです。

自分の弱点に合わせてカスタマイズできる

Code Village(コードビレッジ)ではカリキュラムをオーダーメイドにすることができます。

例えば、次のような感じ。

  • JavaScriptに特化したい
  • PHPを強化したい
  • Reactを強化したい

目指したい分野によってメンターと相談して、このようにカリキュラムをカスタマイズすることができます。

なので、それだけ受講生のことを考えられているスクールだと言えます。

この点でも、Code Village(コードビレッジ)はかなりおすすめです。

具体的にはこの記事で詳しく説明しているので、詳しく知りたい方はぜひどうぞ。

【2021】Code Village(コードビレッジ)のカリキュラムと評価ポイントを徹底解説 この記事では、こういった疑問に答えます。 結論から言うと、Code Village(コードビレッジ)はかなり良いプログラミ...

>>CodeVillage(コードビレッジ)へ無料相談

【かなり良いです】Code Village(コードビレッジ)の口コミや評判を徹底解説

【かなり良いです】Code Village(コードビレッジ)の口コミや評判を徹底解説

では、早速Code Village(コードビレッジ)の口コミや評判について解説していこうと思います。

良い評判

実際、僕の意見だけでは信憑性が多少足りないと思いますので、ネットの評判も調べました。

結果が以下の通りです。

内容としては、大多数の人はかなり満足しているようですね。

  • 教材が分かりやすい
  • 実践に近いチーム開発を体験できる
  • 転職サポートが充実している
  • 講師や受講生との繋がりがかなりできるので、人脈の獲得につながる
  • モチベーションを維持しやすい

と言った感じですね。

控えめに言って、最高の環境かなと現役エンジニアの視点から見ても思います。

不満なコメントは、特にありませんでした。

強いて言えば、放任主義のようなので、手取り足取り教えて欲しいという人には向いてないかもですね。

逆に言えば、自分からどんどん学習を進められる人であれば、かなり良い環境だと言えます。

悪い評判

基本的にかなり良さそうですが、放任主義のようですね。

なので、手取り足取り教えて欲しいという人には向いてないかもですね。

ただ、エンジニアは自走力がないとやっていけないので、そこは把握しておきましょう。

Code Village(コードビレッジ)で転職は可能か?

Code Village(コードビレッジ)で転職は可能か?
Code Village(コードビレッジ)は個人的にかなり転職に有利なスクールだと思ってます。

Code Village(コードビレッジ)が転職に成功しやすい理由は3つあります。

  1. 本質的なキャリアサポートがある
  2. 個々の目的に合わせたメンタリングシステムがある
  3. 質問の仕組みができているので、スキルが身に付く

それぞれ具体的に解説していきます。

本質的なキャリアサポートがある

Code Villageでは、ES・面接対策、自己分析など、転職活動に必要な網羅的なサポートを受けることが可能です。

さらに、Code Villageには就職斡旋というシステムがありません。

就職斡旋があると、微妙なSES企業に無理矢理就職させられたりする可能性あります。

なので、Code Villageではそういった心配をせずに、安心してキャリアの相談をすることができます。

個々の目的に合わせたメンタリングシステムがある

Code Villageでは生徒ひとりひとりに専属のメンターをアサインし、キャリアに合わせた最適な学習ロードマップの提案や定期的な面談を行います。

また、一人一人の学習状況を管理しているので、最適なアドバイスが可能となっております。

つまり、個人個人に合わせた最適な教材を用意してくれ、マンツーマンでサポートをしてくれるので挫折しにくいという最強の環境になってます。

しかも、メンタリングは2週に一度と、かなり高頻度で受けられます。

これは、控え目に言っても、最高ですね。

質問の仕組みができているので、スキルが身に付く

Code Village(コードビレッジ)は質問の仕組みがしっかりと整っています。

具体的には、講師と1対1のビデオ通話で質問でき、質問自体は24時間を受け付けています。

なので、駆け出しのエンジニアは迷わずに学習を進めることができます。

そして結果としてスキルがしっかりと身につきます

最初の頃は質問できる環境がマジで重要なので。

なので、この仕組みをしっかりと作っているCode Village(コードビレッジ)はかなりおすすめです。

さらに具体的にはこの記事で詳しく説明しているので、詳しく知りたい方はぜひどうぞ。

Code Village(コードビレッジ)で転職は可能か?転職先などをエンジニアが解説 この記事では、こういった疑問に答えます。 結論から言うと、Code Village(コードビレッジ)はかなり良いプログラミ...

Code Village(コードビレッジ)の料金は安い?

料金はこちらの画像の通りです。

Code Village(コードビレッジ)の料金は、6ヶ月で495000円になります。

それ以外の費用は一切かかりません。

これはプログラミングスクールとしては、かなり安いです。

他のスクールは半分の3ヶ月で、これ以上の値段のところが大多数なので。

Code Village(コードビレッジ)の料金は高いのか?他のスクールと比べて解説

では、次に他社のプログラミングスクールの料金と比較していこうと思います。

とりあえず、人気の高いTECH CAMPと侍エンジニア、DMM WEBCAMPと比べていきます。

まずは、TECH CAMPですが、サイトを見る感じ657000円が最安値だと思われます。

期間は恐らく3ヶ月くらいですかね、ちょっとサイトが分かりにく過ぎて引きました、、

次に、侍エンジニアですが、12週間(3ヶ月弱)のエンジニア転職コースで、594000円ですね。

最後にDMM WEBCAMPですが、こちらは3ヶ月で690800ですね。

なので、本当に今回は適当に人気の高いスクールを選んだだけですが、料金的にもCode Village(コードビレッジ)が圧倒的に最安値ですね。

ちなみに、僕だったらこの3社はおすすめしません。コスパ悪過ぎです。

なので、料金の面から見てもCode Village(コードビレッジ)はかなりおすすめです。

具体的にはこの記事で詳しく説明しているので、詳しく知りたい方はぜひどうぞ。

money
【2021版】CodeVillage(コードビレッジ)の料金は高い?エンジニアが徹底解説 この記事では、こういった疑問に答えます。 プログラミングスクール選びって、かなり大変ですよね? 僕もプログラミングス...

>>CodeVillage(コードビレッジ)へ無料相談

まとめ Code Village(コードビレッジ)の料金・カリキュラム・口コミ・転職先【今すぐ決断しよう】

まとめ Code Village(コードビレッジ)の料金・カリキュラム・口コミ・転職先【今すぐ決断しよう】

今回はCode Village(コードビレッジ)の料金・カリキュラム・口コミ・転職先などについて体系的に解説してきました。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

Code Village(コードビレッジ)はかなりおすすめ

  • カリキュラムもかなり力が付けられそう
  • 転職先も優れいてる
  • 口コミも全館的に優れいている
  • 料金も他の人気スクールと比べて安い

なので、具体的には以下のような人たちには特に向いているのかなと思います。

  • モダンな技術を学びたい
  • 特にフロントエンドに興味がある
  • 時間をかけてじっくりと力をつけたい
  • コスパの良いスクールに通いたい
  • 本気でエンジニアを目指している

なので、これらに当てはまる方は一度無料相談に行って、色々と気になる点を質問すると良いと思います。

ぜひ本記事を参考に、Code Village(コードビレッジ)に通うかどうか決めてください。

プログラミングスクールは、どんどん値上がりの傾向がありますし、エンジニアを目指す人も年々増えているので。

しっかりと正しいスクールを選ぶことができれば、高確率でWebエンジニアになることができます。

特に、Code Village(コードビレッジ)は、現役エンジニアである僕が一押しのスクールなので、ぜひ参考にしてエンジニアになってください。

↓ 気になる方はまずはこちらから、無料相談に参加しましょう。

>>CodeVillage(コードビレッジ)へ無料相談

ABOUT ME
ひのしん
【執筆者情報】ひのしんです。「正しい努力をすれば誰でも成果は出せる」 をモットーに発信しています。元ニートの現フリーランスエンジニアです。 プログラミング歴は4年ほどで、TOEIC885点を取得。科学と実体験を元にした効率的で正しいスキルアップ(プログラミング・英語・ブログ)の方法を発信してます。
\\こちらの記事が大好評です//